全部、青信号になるタイミングって?

■メンターである中村仁さんが

良くおっしゃっている言葉です。

 

なかなか行動できない人の

特徴というか考え方として。

 

今、あなたはとある大通りにいたとしましょう。

その大通りをまっすぐ歩いた先に

あなたの目的地があったとします。

当然、そこまでにはいくつかの信号が

ありますよね。

 

なかなか行動できない人の

考え方として、目的地までの

信号が全て青信号にならないと

歩き出せない、というふうに

考えてしまうそうです。

 

ちょっと思い出していただきたいのですが、

普段、通りを歩いていて

次の信号、その次の信号、その次の次の信号、

全てが青信号になってるって状況、

見たことありますか?

私は残念ながら見たことがありません(笑)

 

■すぐに行動する人の特徴は

目の前の信号が青であれば、まず進む。

で、その次の信号が赤であれば、

当たり前ですが、一旦止まる。

で、信号が青になれば、すぐに進む。

進んで止まって、また進んで止まっての繰り返し。

 

ですが、全部の信号が青になるのを待つよりは

はるかに早く目的地までたどり着くことが

できるのではないでしょうか?

 

一旦止まる=失敗、ではありません。

 

全部の信号は青にあることが当たり前、と

思うか?

 

信号なんだから、青の場合もあるし、

赤の場合もある、ことを当たり前と

思うか?

 

ノンストップで進むより、

歩いて止まって、で周りの景色を

楽しみながら目的地に向かうのも

楽しそうじゃないですか?

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。