100万分の1の存在になるために

■今、通っている養成塾でも至極の学びを

させていただきました。

同業、競合ひしめくコンサル業界。

そこで勝つためには100万分の1の存在に

なる必要がある、というお話しでした。

 

簡単に100万分の1、と言いますが、

実際、起業したての方がすぐに

その存在になろうとしても、

無理ですよね。

いわゆる、その道のプロ、てやつです。

 

職人の道を極めようとすれば、

当然ですが時間もお金もかかってしまいます。

 

では、起業して間もない起業家さんは

どうのようにして100万分の1の存在になれば

いいのでしょうか?

 

講義ではお笑い芸人の「厚切りジェイソン」を

例えに、起業ルーキーでも100万分の1の

存在になる方法をお聞きしました。

 

お笑い芸人「厚切りジェイソン」とは・・・

外人(100分の1) × お笑い芸人(100分の1) 

× IT企業役員(100分の1) 

という掛け算で勝負しています。

これを掛け合わせることで100万分の1。

 

「厚切りジェイソン」=外人だと、まあどこにでもいますよね。

外人 × お笑い芸人 でもまだ弱い。

 

もう一つ、あなたならではの強みを掛け合わせることで

唯一無二の100万分の1の存在になることができるのです。

 

■自分のビジネスにも当てはめて

考えてみました。

確かに100万分の1の存在になれます。

そして、そんな存在になった自分を

考えると、セルフイメージが上がります。

起業したばかりの私のセルフイメージは

「コーチ」のみ。

これでは100万分の1にはなれなかったはずだ・・・。

 

もし、今あなたのビジネスが

思ったような成果が出ていないのであれば、

この掛け算を見直してみてはいかがでしょう?

 

100分の1、1万分の1、で終わっているのかもしれませんね。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。