その基準を決めたのは誰?

■3連休中に何度も読み返した本があります。

カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話

ほうほう!なるほど!と思った箇所が

たくさんあったので、数回に分けてブログで

お伝えしたいと思います。

本日お伝えするのは、

「評価基準は自分で決めるな」

 

うん!確かに!

心当たりありませんか?

「こんなに頑張ってるのに、なんでうまくいかないのかなー」

私は大いに心当たりあります・・・(汗)

 

「こんなに」を決めているのは誰でしょう?

そう、他の誰でもない自分なんですね。

で、よーく周りを見てみると、成果を出している人とは

やってる度合いがケタ違い、ということがあります。

 

もちろん、外的な要因、自分ではコントロールしようの

ない事情でうまくいかないケースも稀ですがあるかもしれません。

ですが、そんな稀なケースのせいにする前に

自分で勝手に決めた「こんなに」を見直してみては

いかがでしょうか?

 

例えば、早起き。

昔の私は6時、下手したら7時でも「早起き」だと

思っていた時期があります。

おかしいなあー、6時から起きて仕事してるのにね。

早起きって本当に意味あんのかなーと

思っていたときに、

メンターの4時起きを知ることになります。

「基準」が上がった瞬間ですね。

 

■最近、これから起業したいという方々と

お話しさせていただく機会が増えました。

まあ、それをお仕事にさせてもらってるしね・・・。

何からやればいいですか?と聞かれます。

私もそれを聞いてたし。

絶対にお伝えしていること、

「メンターは絶対についてもらうべし!!」

 

なぜか?

 

一人でやっていると

「こんなに頑張ってるのになー」

から抜け出せないからです。

 

 

今のあなたの、その基準を決めたのは誰ですか?

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。