プロ野球選手じゃないからね

■あんまり野球には詳しくないんですが、

プロ野球選手として、レギュラーで活躍しようと

思ったら、打率って3割とかそれに近い数字を

残さないといけないのではないでしょうか?

 

対して、我々個人起業家はどうでしょうか?

10回打席に立ったとして、「おっ!いい当たり!」と

思えるような手ごたえって1本あるかないか。

 

それでもひたすら打席に立ち続けて

バットを振るのをやめない人が成功します。

「代打専門でいいや。少ないチャンスで

いいボールが来たら、それを狙おう」

で、成功された方を私は知りません。

 

私がさせていただいているプロデュースを

「コーチング」+「コンサルティング」に

「トレーニング」をプラスしてサポート

させてもらっているのも、この考えがあるからです。

 

「コーチング」によって、自分だけの強み、

本当にやりたいことがわかり、

「コンサルティング」によって、自分だけの

設計図が描けたとしても、

「トレーニング」=打席に立つ、ことをしなければ

目に見える成果を得ることはできません。

 

3割打者を目指すのではなく、1割打者でもいいから

打席に立ち、バットを振り続ける。

 

そんな打者が起業においては成功するのではないかと

思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。