映画「ファウンダー」を観てきました

■先日、映画「ファウンダー」を鑑賞してきました。

マクドナルドを世界的なチェーンに育て上げた

レイ・クロックのストーリーです。

まだご覧になっていない方のために
ストーリーについては伏せさせていただきますね。

先日、メンターもメルマガで勧めていた、この映画。

 

観終わっての感想は「観る立場によって、感想大きく

変わるんだろなー」と思いました。

起業家を始めとする、上昇志向の強い人にとっては

マイケル・キートン扮する主人公の立ち居振る舞い、

考え方には共感するんだと思います。

作品中にも触れていますが、

「根気」と「信念」

これの突き詰め方が半端ない。

「え、そこまでやるの!!」

と思う出来事がたくさん出てきます。

(ストーリー、話しすぎやね笑)

 

「根気」と「信念」

単語で書くと、簡単ですが、「言うは易く行うは難し」

ではないでしょうか?

「信念」を貫く中で、それまで大事にしていたものを
失うかもしれません。

できるまで続ける「根気」。

それまでに自信なくしちゃうかもしれません。
心もボキボキ折れるでしょう。

 

起業家として、

「根気」と「信念」、お前にはその覚悟があるか?

 

スクリーンの中のマイケル・キートン扮する
主人公に問いかけられたような気がします。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。