4時に起きる、よりも意識していること

 

■「毎朝、4時起きなんですよねー」とか、

人に紹介いただく時に、「桂さんてね、毎朝4時に起きる人

なんですよ」と紹介していただくぐらいネタになりつつある、

私の4時起き。

元々はメンターがそうされているのを聞いて、モデルに

させてもらったのがそもそものきっかけなんですが。。。

かれこれ、1年近く続けてようやくわかったことがあります。(遅っ!)

「4時起き」=結果に注目しがちですが、

ほんまに大事なのは










「6時間睡眠」という行動なんだと。

もっと言うと「22時に寝る」って行動なんですよね。

あくまで「4時起き」ってのは結果。

これはコントロールしようがないし、

当然、前の日に帰ってくるのが遅くなって、

寝るのが遅くなる日もあります。

それでも24時には寝てますが・・・。

■ダイエットも同じ。

◯年後に◯キロ痩せて、理想の◯キロの体型になる。

という目標ももちろん素晴らしいのですが、

それって結果なので、コントロールできないんですよね。

コントロールできないことをコントロールしようとするから

ストレスとか、「あーー、やっぱできなかったよ、私・・・」

というネガティブイメージが残ってしまうんですよね。

であれば、注目するのは、そのための「行動」

例えば・・・

22時以降は食べない

スナック菓子、ファストフード類は禁止

週1回、適度な運動をする

これって、全部自分でコントロールできますよね?

昨日のブログで入学式に決めた目標をお聞きしましたが、

改めて見直してみてください。

その目標はコントロールできる「行動」に注目した

目標になっていますか?

それともコントロールしにくい「結果」に

注目していますか?

 

さて、あなたが「ワクワク」しながらできそうなのは

どっちの目標でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です