失敗の数足りていますか?

 

■起業でもなんでもそうですが、

始めっから全て予定通りいきました!

なんてことはほぼありませんよね。

手を打って打って、打ちまくって

それでもうまくいかなくて

自分一人では考えつかないような手を

周りを巻き込んで、打って打って

ようやく成功する。
成功せずに途中で挫折してしまうのは、

結局、失敗の数が圧倒的に足りていなかったのでしょう?

例えば、今日は3月の14日、3月も明日から後半戦となっています。

今日までの2週間、考えられる手は毎日打ってきた。

でも自分が思うような成果は上がられていない。

「もうやめて、違うことしようかなー」

と思ってしまう時間かもしれません。
あるいは、探し物に例えてみてはいかがでしょう?

今月中、こんだけ探したのに見つからないんだから

諦めよっか・・・。

その時、調べていない部屋が1つあることにあなたは気づきました。

「どうせ、この部屋にもないって・・・」

と諦めますか?

それとも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です