時間を追うか、時間に追われるか

昨日の移動中でのお話しです。

■午前中は自宅で仕事していたので、阪急電車に

乗って三宮に移動しました。
年末ということもあってか、この時間の特急で

珍しく座ることができました。

ゆっくり読書でもしますか〜と思い、カバンの中から

読もうと思った本をゴソゴソ・・・。

ふと前を見ると20代の女性が座っております。

男性から見てもわかる、いや、

男性だからこそわかると言った方がいいのか

その彼女はいわゆる「すっぴん」な状態だったのです。

人の風貌を偉そうに言えたもんではないですが、

その彼女、「眉毛」が見当たりません・・・。

防止で隠すわけでもなく、フルオープンな状態。

思わず、豊満に生い茂っている私の眉毛を

おすそ分けしようかと思ったぐらい。
と、次の瞬間、読みかけの本を落としそうに

なる衝撃の出来事が!!(というほどのもんではないが・・)
もうおわかりですよね。そうお化粧を始めたのです、

その彼女。

年末ということもあり、家族連れも多かった車内ですが、

みなさん唖然・・・(笑)

■時間に追われちゃってるなあ、と思いました。

時間に追われる、というのは今現状から計算をしている状態。

それに対して、時間を追うとは未来から逆算して、今現在が

ある状態。

もう少しわかりやすく説明しますね。
理想である、時間を追う状態から・・・

例えば、15時に三宮で待ち合わせの約束をしているとして、

15時に三宮にいるためには14時30分の電車に乗る。

そのためには14時20分に家を出る。

そのためには遅くとも14時には準備を済ませる。

というようにやるべきことがドンドン明確になっている状態。
対して、時間に追われている状態とは・・・

同じく15時に三宮で待ち合わせです。

そのためには14時には準備済ませられたらいいかな。

そうしたら14時20分には家を出れるかな。

そうしたら14時半には電車に乗れるかな・

そうしたら・・・。

ドンドン時間が逃げていくのがわかりますよね。
■日付変わって、今年も残すところあと2日。

あなたは今年どんな時間の使い方をしていましたか?
そして2017年はどんな使い方をしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です