1本のオールで漕いじゃってませんか?

 

 

 

1129ol

 

 

 

■コーチ・コンサル、セラピストで起業している方(私も)、 
来年起業しようと思っている方へ。

「1本のオールで漕いじゃってませんか?」

どういうことかといいますと、ビジネスには2本のオールが必要だと

思っています。

コーチ・コンサルの方が陥ってしまうのが、ひたすら「セッションスキル」

を磨くこと。

もちろん、コーチ・コンサルトして最低限のセッション能力は必要で

あると思います。

ただ、この「1本」のオールだけで漕ごうと思ったらどうなるでしょう??











そう、ぐるぐる回るだけで前に進みませんよね。

では、「2本めのオール」とは何なのか?

「ビジネスモデル」というやつです。

カタカナで何かわかりにくいですよね。

ほんやくコンニャクでほんやくしますね。

「誰に」「何を」「どのように」「いくらで」提供するか?

これが2本めのオールになります。

小さい頃、公園の池でボート漕いで遊びましたよね?

さきほどもお話ししたように1本のオールではぐるぐる回るだけ。

ところがオールが2本あれば、それほどチカラを入れなくても

ボートはすいすい進んでいきますよね。

頑張り屋のあなたは1本のオールを全力で漕いでいませんか?

「こんだけ頑張ってるのに、全然結果が出ない・・・」

そんな時は手元に何本のオールがあるか確かめてください。

2本揃ったら、「あなた」というボートはすごいスピードで進むかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です