まさか一人で鬼退治?

1124momo

■桃太郎(起業家であるあなた)がもし、一人で鬼ヶ島に行って、

鬼退治しようとしていたら・・・。
間違いなく、鬼に負けてしまいますよね。とてもとても子供に話せる

おとぎ話しにはなっていないはず。

犬、サル、キジという仲間がいてこそ鬼退治ができたのです。
改めてお聞きしますね。

一人で鬼退治に行こうとしていませんか?
■多くの起業家の方が元会社員であったと思います。

会社=組織の場合、役割分担が決まっていて、各部門にその道のプロが

いてくれます。
営業マンであった私は、お客様に商品を買っていただくことに

専念することができ、社員のお給料や新卒社員の面接なんかは

経理、人事などの担当がいてくれました。

立場変わって、個人起業家となりました。

当然、社員はいません。

ほとんどの方がこう思います。
「うわ~、一人でできるかな・・・」

で、何から手をつけていいかわからずパニック状態になってしまう・・・。

周りに「仲間」は必ずいます。そして必ず助けてくれます。
ただ、一つだけ条件があります。それは・・・
あなたが「誰かに依存している」限り、助けてはくれません。
話しを戻して、桃太郎。
桃太郎は犬、サル、キジに依存していたでしょうか?

「鬼退治行くからさ~、とりあえず助けてくれない?」

では、仲間にならなかったはず。

勇敢に鬼退治に向かう桃太郎の姿を見て、「この人の仲間になりたい!」

と思って集まったはずです。
■あなたがすべきことは?
勇敢に戦う姿を見せることはもちろんですが、

まずは勇敢に戦っている「誰か」の犬、サル、キジになってみましょう。

「あっ、この人の仲間になりたい!」という人を見つけてみましょう。

犬、サル、キジになることができる人はいつでも

「桃太郎」になれますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です