「いい話し」を聞いてそのままにしない3つのルール

先週末は読書会、セミナーに参加してたっぷりインプットしてきました。

今日はそこから気がついたお話を。

お客さんからも何度か「セミナーに参加して、その時はテンション上がるんですが、
長続きしません」とか「セミナーで学んだことが一つも実践できません」

といったお悩み・相談をいただくことがあります。

うん、めっちゃわかります(笑) 私も最近までそうやったし。

ですので、今日はそうなりたくない方のためにルールを3つほどお伝えしたいと思います。

 

1017wp

1 常にメモを持ち歩く

基本かもしれませんが、まずはこれから。私の周りでも「あっ、この人行動する人やなあ~」と

思う方は、ほとんど気がついた時にはメモ片手に話し聞いてはりますね。

メモを常に持ち歩くことで、セミナー参加時に限らず、何か気になったことがあったとき

(ブログ、メルマガネタなんかですね)に忘れないようにすぐ書き留められるメリットも

ありますね

2 ノートを2冊持つ、真ん中で線を引いて2分割にする

ある人からこれを教えていただいてから、セミナーや読書会でのインプット⇒アウトプットが

劇的に加速しました。

どういうやり方かといいますと、2冊の場合はそれぞれのノート、1冊を分割する場合は

右側にセミナーの内容を書きます。まあ、これは普段からやってはると思います。

で、もう1冊(左側)には、ご自分のビジネスに落とし込んだ内容を書きます。

例えば、セミナーで「ターゲット顧客を一人決めましょう」という話しを聞いたら、

それをご自分のビジネスに当てはめて、書きましょう。 「家帰ってから考えよっ!」ではなく

その場で書いちゃってください。

「商品作り」という話しになれば、「ファーストエンド」「バックエンド」が大事!だけ書くのではなく、

ご自分の「ファーストエンド(集客商品)」「バックエンド(本命商品)」を書いちゃってください!

3 明日からやるぞ!リストに落とし込む

2までで、ガンガン行動できる方は早速始めちゃってください。

整理して、見やすくしたいかたはぜひこれを。

このリストを作る時のコツは

①ワクワクできることから書いていく
②声に出しながら書く
③達成できた時のご自分の姿を想像して、ニヤニヤしながら書く(笑)

です。

ゴールの姿を意識しながら行動することってすごく重要です。

元も子もないようなこと言いますが、なかなか一回では上手くいかないと思います。

何回かココロ折れそうになるかもしれませんが、ゴールの姿、達成できた時に姿をイメージできれば

これほどココロ強いものないと思います。

すぐにできる順番から1、2、3にしてみました!

よろしければ、ぜひ試してみてください!

ご感想なんかもいただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です